雨漏り調査後は、防水工事で苔が生えにくい環境にすることが大事!

雨漏りのサイン!苔が生える原因は水はけの悪さ

一度苔が生えたなら耐水性が落ちている~防水工事を行なおう~

家と傘

雨漏りの調査や修理をした後でも、苔が生えていた建物は耐水性が落ちています。きちんと防水工事を行なえば再発を防げます。

耐水性を高める工事の種類

屋根の雨漏りに効果的な防水工事にはどのようなものがありますか?
大きく分けて「塗膜防水」と「シート防水」、「アスファルト防水」があります。塗膜防水には「ウレタン防水」と「FRP防水」があり、共に安い施工費で高い効果を得られるのが特徴です。施工を行なっている業者も多いので依頼しやすいでしょう。シート防水には、「塩化ビニールシート防水」と「ゴムシート防止」があります。塩化ビニールシート防水は色合いを選べるのが特徴です。シート部分の施工には高い技術力を要するため、施工不良が発生しやすくなっています。ゴムシート防水は部分防水補修に最適ですが、使用する接着剤の耐久年数が短いので定期的なメンテナンスが必要です。アスファルト防水は最も防水効果が高いと言われる方法ですが、その分料金も高くなっています。
壁に苔ができていました。どうしたらいいですか?
壁や屋根に生えた苔を取り除き、再び発生しないようにすることが大事です。そのための有効手段として、外壁塗装があります。外壁塗装には外壁の耐久性と防水性、断熱効果に遮熱効果、セルフクリーニング効果をアップさせる働きがあります。「セルフクリーニング効果」は、光触媒塗料や微細なセラミック樹脂入りの塗料を使用することで、汚れを雨などで自然に洗い流すものです。外壁塗装を行なうことで、苔の生えにくい壁にできます。

雨漏り調査は定期的に行なった方が良い~防水性を維持するために~

防水工事を行なうと耐水性が高くなりますが、それでもずっと効果が続く訳ではありません。定期的に雨漏り調査を行ないましょう。

定期的に行なう雨漏り調査

雨漏りは見えないところで発生していることも少なくありません。天井から水が滴ってきたというときには建物内部に被害が広がっているでしょう。防水工事を行なったからと安心していては、効果を維持することはできません。定期的に調査やメンテナンスを行なった方が良いでしょう。

TOPボタン