建物の状態に合わせて雨漏り調査を行なうことが重要!

雨漏りのサイン!苔が生える原因は水はけの悪さ

雨漏り調査の方法は色々ある~予算や好みで選べる~

作業員

苔などを発見し、建物の耐水性が落ちていることが分かったら雨漏り調査を依頼しましょう。その方法について具体的に見ていきます。

雨漏り調査の方法

目視調査
まず行なわれるのが建物の目視調査です。苔が生えている場合は、建物の経年劣化も考えられるので念入りにチェックします。自身で屋根やベランダの目視調査を行なう人もいますが、高所であるため危険です。雨漏り調査を行なっている業者に依頼しましょう。調査料金の相場はおよそ30000円以内です。中には無料で調査してくれるところもあります。
散水調査
調査料金の相場は、およそ30000~180000円です。原因箇所と思われる部分に水を掛けて調べます。建物の規模により大掛かりになることがあるので、料金と作業時間について事前に確認しておくと安心です。目視調査で終わらせる人もいますが、確実に原因を究明するためには、できるだけ依頼した方が良いでしょう。高所や難所で行なう場合は、足場の設置で費用が嵩むこともあるのでこちらも確認するようにします。散水で使う水は、依頼者の水道から引くことがほとんどです。
発光液調査
およそ100000~250000円で調査を依頼できます。発光塗料を混ぜた検査液を、原因箇所と思われる所に流し込み、雨水の浸入経路を探ります。検査液は紫外線に反応して発光するため、浸入経路の正確な特定が可能です。この調査方法は雨漏りの原因箇所が複数ある場合によく用いられます。検査液は退色・変色しませんが、万が一を考えて保証があるか確認しておくと安心です。
赤外線サーモグラフィー調査
雨漏りが起きていれば、起きていない箇所と温度差が生まれます。原因箇所から雨水が浸入することで、温度が下がるためです。建物に断熱処理が施されている場合は、断熱材が水を吸うことから散水調査で正確な調査結果が出ないことがあります。補助調査として行なわれるのが、この赤外線サーモグラフィー調査です。調査料金の相場は、およそ180000~350000円になります。
TOPボタン