雨漏り調査前に苔を掃除する場合はコレが必要!

雨漏りのサイン!苔が生える原因は水はけの悪さ

雨漏りのサインを把握する~疑わしい場合は調査を行う~

カビ

苔は屋上や屋根だけではなく、壁に生えることもあります。どういった場所に苔が生えやすいのか紹介します。

苔が生えやすい場所

苔は水分と養分があれば成長します。日光が当たらない場所であっても発生して増えるのです。壁がデコボコしていると、そこに水気が溜まりやすく胞子が付着することで発生します。ベランダや屋根瓦には凹凸部分があるため苔も生えやすくなっているのです。気が付けば生えていたというケースは少なくありません。 苔が生えやすい場所をチェックしておくことで、症状が悪化する前に雨漏り調査を依頼できます。苔が生える場所には様々な兆候があります。

雨漏りの兆候は色々ある

  • 塗膜のヒビ割れ
  • 塗膜の膨れや剥がれ
  • シーリング材の劣化
  • タイルの剥がれ
  • チョーキング(塗膜の粉化)

これらが見られた場合は、まだ雨漏りが発生していないように見えていても、実際には発生している可能性があります。建物の耐水性が落ちているという証拠でもあるからです。早めに業者に雨漏り調査を依頼しましょう。

苔の掃除方法~雨漏りの症状を悪化させないために~

苔を発見した後は、雨漏り調査を依頼することも大切ですが、これ以上症状を悪化させないために掃除することも忘れてはいけません。

苔の取り除き方

苔を取り除く場合は、市販の洗濯用漂白剤やカビ取り洗剤を使用します。ホースとバケツ、ブラシなども用意しましょう。使用するブラシはたわしよりも柔らかいものにします。硬いもので取り除こうとすると塗装材や壁の表面を傷めてしまい、かえって苔が生えやすくなってしまうからです。苔は高い部分にも生えるので、柄が長いタイプや伸びるタイプを選ぶと良いです。

TOPボタン