モテる男、モテない男

どんなにコンピューターが発達したとしても、どんなに遺伝子の研究が進んだとしても、この世に男と女が存在するかぎり、男は他のどの男よりも女にモテたいと思い、女はあらゆる手段を用いて男の気を引こうとする気持ちは不変なのです。
愛したいと思う男と、愛されたいと願う女がうまくめぐり合えば性の相性など問題にならないはずですが、そんなに思い通りにうまくはいかないのが現実の世の中です。
単刀直入に言うとモテの格差です。モテる男とモテない男の差は、単純にルックスの差や経済力の差、あるいは学歴の差ということではありません。
モテる男が、モテない男と決定的に違うところはズバリ女性の心理と生理を熟知して、それを逆手にとって行動しているということです。

モテる男の頭の中には、女性の心理や生理のメカニズムがインプットされ、それが法則化されているのです。
だから、どのような女性に、どのような場所で会おうとも、この法則を実践しながら微調整を加えて対応するので、心理テクニックにいっそう磨きがかかっていきます。このようにしてモテる男とモテない男の差は、ますます広がっていくのです。
つまりモテる男は素人の可愛い女を次々と落とし、セックスへ持ち込むことができますが、モテない男は最近、風俗ユーザー御用達の風俗ポータルサイトの口コミなどを参考にしてセックスができる女の子を探してセックスをするしかないのです。

しかし、モテないからといって、この現実に対して、ただ指をくわえて見ている必要はありません。エッチの心理法則を学び、その応用テクニックを駆使すれば誰でもモテる男になれるのです。
もちろん、エッチの心理法則は風俗嬢相手にも使えるので、風俗嬢のセフレを作ることも夢ではありません。
(最近の風俗嬢は可愛い子が多いですし、身体の相性もプレイで事前に分かっているのでセフレを作るなら風俗嬢の方がむしろおすすめです。)

結論からお話させて頂きますが、「女は基本的にエッチに対して貪欲だが、女の欲望は男が引き出さなければいけない」というのがエッチの心理法則の大原則です。
もう少し分かりやすく説明すると、セックスしたければ男から積極的に誘っていく必要があるということです。待っていても女性から誘ってはくれないのです。
しかし、ただ誘うだけでは「エッチがしたい」と女性は思わないので、いかに「エッチがしたい」という気持ちにさせることができるかどうかが大切なのです。

もちろん女性にもいろいろなタイプがいるので、必ずしもエッチの心理法則があてはまるとは限りません。しかし、それでも多くの女性に対し有効な法則なので、モテたい男性は是非とも実践して頂きたいと思います。

Copyright © 2014 風俗で使えるエッチに導く心理法則. All Rights Reserved.
Theme by Lorelei Web Design.